準備

ディズニー旅行の予算ってどれくらい?2泊3日2人で行く場合

2020/09/26

東京ディズニーリゾート旅行に泊まりで行きたいけれど、どれくらいの予算が必要なのかなと思いますよね。

そこで、わが家の東京ディズニーリゾート旅行は実際にいくらかかったかをご紹介します。

結論から言うと、2泊3日、大人1人と中学生1人の2人旅で、17万ちょっとかかりました。

事前にたてた予算とほぼ同じでした。

今回の東京ディズニーリゾート旅行の実際にかかった費用の内訳を細かくまとめてみたので、よろしければ予算を立てる際の参考になさってください。

 

スポンサーリンク



旅行の概要

旅程

2017年3月10日(金)~12日(日)の2泊3日。

金曜日は、仕事・学校を終えて、地元空港からの最終便で羽田空港へ。

東京ディズニーリゾートで遊んだのは、土曜日の朝から夜までと、日曜日の朝から16時ごろまでの約2日間です。

日曜日の羽田空港からの最終便で、地元空港へ帰りました。

 

宿泊先

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

スタンダードルーム

 

メンバー

私と娘(中学生)の2人。

 

 

予算と実際の費用

まずは、予算と実際にかかった費用を一覧表にまとめました。

(表が全部見られない場合は左右へスライドさせてご覧ください。)

内  訳 予  算 実際の費用
大人 中学生
JALダイナミックパッケージ 47,000 47,000 94,000 94,000
2デーパスポート(パークチケット) 13,200 11,600 24,800 24,800
羽田空港から舞浜までの交通費 1,190 1,190 2,380 ※4,000
舞浜から羽田空港までの交通費 830 830 1,660 1,660
リゾートライン3日フリーきっぷ 1,100 1,100 2,200 2,200
食事代 8,000 8,000 16,000 13,823
小遣い 20,000 10,000 30,000 31,626
JALABC(荷物宅配) 1,000 1,000
コインロッカー代 300 300
合  計 91,320 79,720 172,340 173,409

※Suicaカード@2,000円×2枚

 

お小遣いも入れて、大人約9万、中学生約8万、合計約17万2千円の予算でした。

実際にかかった費用は、合計で約17万3千円でした。

 

次に、実際にかかった費用の詳細をご紹介します。

 

 

宿泊と飛行機の費用

宿泊と飛行機の費用ですが、今回はJALダイナミックパッケージを利用しました。

パッケージの内容は、

  • JAL往復(地元空港ー羽田空港)
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、スタンダードルーム2泊

です。

料金は、大人ひとり47,000円(税込)でした。

JALダイナミックパッケージのセールでお得なツアーを見つけました。

見つけたお得なツアーについてはこちらの記事でまとめています。

»ブラックフライデーでディズニー旅行

 

公式サイトはこちら。

JALダイナミックパッケージ

 

 

移動の交通費(飛行機以外)

羽田空港から舞浜までの交通費(電車)

羽田空港から舞浜への移動は、舞浜行きのリムジンバスを利用したかったのですが、今回わが家が羽田空港に着くのは、舞浜行きのリムジンバスの最終便が出た後のため、利用できません。

そこで、羽田空港から舞浜まで電車で移動しました。

実際にかかった交通費(大人ひとりのIC運賃)は、

  • 東京モノレール(羽田空港→天王洲アイル)411円
  • りんかい線(天王洲アイル→新木場)329円
  • JR武蔵野線(新木場→舞浜)154円

合計は、大人ひとり894円です。

 

※Suicaについて

今回、初めてSuicaを利用しました。(田舎者なもので‥汗)

超便利でした!

Suicaは2,000円のものをひとり1枚、合計で2枚購入しました。

2,000円のSuicaのうち500円はデポジット(Suicaカードを返却する際に戻ってくる分)で、運賃には使えません。

2,000円のSuicaを購入した場合、運賃に使えるのは1,500円になります。

今回、894円使ったので、Suicaカードの残金は606円です。残りは次回また使おうと思います。

 

当初の計画では‥

余談ですが、当初の計画では、羽田空港から舞浜まで電車で行く計画ではありませんでした。

羽田空港から新浦安までリムジンバス(1,030円)で行き、新浦安から舞浜までJR京葉線(160円)で行く計画でした。

が、計画通りにはいかず、実際は電車のみで移動しました。

結果的には、電車で行くほうが、ひとり296円安く済んでよかったかも。

(Suicaの初期費用がかかったので、実際の出費は予算より多くなってしまいましたが‥。)

 

舞浜から羽田空港までの交通費

帰りの、舞浜から羽田空港への移動は、東京ディズニーランドホテルから羽田空港行きのリムジンバスを利用しました。

大人ひとり830円(税込)です。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

»ディズニーランドから羽田空港へ~リムジンバスを予約できる方法~

 

リゾート内の移動にかかる交通費

東京ディズニーリゾート内の移動の交通費の予算も必要です。

リゾートラインの『3日フリーきっぷ』を購入しました。

大人ひとり1,100円(税込)です。

東京ディズニーリゾート公式>ディズニーリゾートライン>路線図・運賃

 

 

パークチケット

2泊3日ですが、今回遊べるのは2日間なので、2デーパスポートを購入しました。

大人13,200円、中人11,600円(税込)です。

東京ディズニーリゾート公式>パークチケット

今回初めて、オンラインで、配送チケットを購入しました。

»ディズニー配送チケットの購入の仕方

 

 

食事代

3日間の食事代を一覧表にしてみました。

金額は2人分の合計(税込)です。

3日間の合計は、13,823円でした。

昼食 夕食
3/10(金) 空港
1,194
1,194
3/11(土) セバスチャンのカリプソキッチン
2,970 ※1
ニューヨーク・デリ
3,000 ※2
ホテルのパン屋さん
250
成城石井でビールなど
762
6,982
3/12(日) リフレッシュメントコーナー
1,940 ※3
羽田空港で空弁など
1,757
カフェ・オーリンズ
1,950 ※4
5,647
合   計 13,823

今回、2日間ともパークの開園待ちをしたので、朝食は自宅からカロリーメイトなどを持参して開園待ち中などに簡単に済ませた為、朝食代は費用に入れていません。

 

食事代の詳細

目安になるかなと思うので、パーク内での食事の詳細もまとめてみました。

※1 セバスチャンのカリプソキッチン2,970円(昼食)

娘(中学生)(1,810円)

  • ホタテコロッケサンドセット(ホタテコロッケサンド+フライドポテト+ドリンク) 930円
  • マンゴーとヨーグルトのムース・フランダーのスーベニアカップ付き 880円

私(1,160円)

  • ホタテコロッケサンド(単品) 550円
  • アップルティーソーダ・Sサイズ 240円
  • ストロベリーケーキ 370円

※2 ニューヨーク・デリ3,000円(夕食)

娘(1,540円)

  • ルーベンホットサンドセット 1,150円
  • ニューヨークチーズケーキ 390円

私(1,460円)

  • ルーベンホットサンド(単品) 770円
  • アップルティーソーダ・レギュラーサイズ 300円
  • ニューヨークチーズケーキ 390円

※3 リフレッシュメントコーナー1,940円(昼食)

娘(1,150円)

  • ホットドッグ(単品) 410円
  • フレンチフライポテトXL 500円
  • ファンタゴールデンサイダーSサイズ 240円

私(790円)

  • ホットドッグセット 790円

※4 カフェ・オーリンズ1,950円(お茶)

娘(930円)

  • バナナチョコレートクレープ 430円
  • スウィートフルーツティー 500円

私(1,020円)

  • アップルシナモンクレープ 520円
  • スウィートフルーツティー 500円

 

食事代の予算について

わが家は食事代の予算はおおまかに、レストラン、ポップコーン代、スイーツ代で立てています。

レストラン

わが家はいつも東京ディズニーリゾートの公式サイトで、食べたいものを探して、だいたいの予算を立てています。

これ食べようかあれにしようかと考えるのも楽しいです。

東京ディズニーリゾート公式サイトの各レストランの『店舗メニュー』で主なメニューが見られます

東京ディズニーリゾート公式>レストラン一覧

1食だいたい1,000円~2,000円くらいです。

ランドのブルーバイユーレストランやシーのマゼランズ(利用したことないけど)やSSコロンビアダイニングルームを食事で利用する場合は少しお高くなります。

ミラコスタやランドホテルのレストランを利用するのもいいかも。こちらもお高いですが、ブッフェはおすすめです。

 

ポップコーン

ポップコーンが好きな方や小さなお子さんが一緒の場合は、ポップコーン代も予算に入れておいた方がいいかと思います。

バケット付きは、1,640円~2,500円。バケットの中身のみのおかわりは、500円。レギュラーボックスは310円です。

東京ディズニーリゾート公式>ポップコーンワゴンMAP

※現在、35周年の記念バケット付きのポップコーンが3,200円で、一番高いです。(2018年11月追記)

 

スイーツなど

また、パークでは甘い香りや美味しそうな匂い(肉系)が漂っていますので、ついつい食べ歩きしたくなります。

その予算も。

 

 

お土産代

私(合計 10,790円)

  • 友人へ @800×3(お菓子)
  • 会社へ 1,200円(24個入りのチョコクランチ)
  • 家族へ 7,290円(雑貨やお菓子)
  • 娘の習い事の先生へ 900円(お菓子)

 

娘(合計13,500円)

娘には、お小遣いを当初10,000円渡しました。

娘は、その中で自分の欲しいものや友人へのお土産を購入していました。

が、足りなくなったようで、追加で3,500円渡しました‥。

 

»東京ディズニーリゾートでのお土産選びについて~今までの経験からおすすめしたいこと~

 

自分のもの

雑貨やお菓子など 7,500円

 

 

その他

地元空港までの交通費

わが家は地元空港まで自家用車で行きます。

家族全員で行く場合は、自宅から地元空港まで自家用車で行って、地元空港に車を停めるので、駐車場代がかかります。

うちの地元空港の駐車料金は1泊800円です。

今回は、母子2人旅で、自宅から地元空港への送迎は夫がしてくれたので、地元空港での駐車場代はいりませんでした。

 

コインロッカー代

1日目シーで開園待ちをした後に、開園待ちで使用した防寒グッズをコインロッカーに入れました。

一番小さいサイズのロッカーに入れたので、300円でした。

場所と料金は公式サイトでご確認ください。

東京ディズニーリゾート公式>コインロッカー・東京ディズニーシー

東京ディズニーリゾート公式>コインロッカー・東京ディズニーランド

 

写真代

今回はわが家は購入しなかったのですが、

ランドのスプラッシュマウンテンとシーのインディジョーンズアドベンチャー、タワーオブテラーでは、アトラクションの途中で撮られた写真を購入できます。

それぞれのアトラクションを出たところで注文できます。

1枚1,300円からです。(台紙の種類によって異なります。)

子どもが小さい頃は色んな表情やポーズをキメたりするのが面白くて、何枚も買ったりしていました。

地味に高いので(全部買ったら3,900円‥)、購入したい場合は予算に入れておいた方がいいです。

オンラインでも注文できるようです。詳しくは公式サイトで。

東京ディズニーリゾート公式>DISNEY PHOTO GUIDE

 

最終日に荷物を羽田空港へ送る費用

旅行の最終日、大きな荷物は、朝一で宿泊ホテルから羽田空港へ送りました。

今回は娘と2人なので、大きな荷物をかかえて混雑したリゾートラインに乗るのも大変だし、パーク外のコインロッカーに入れる時間ももったいないかったので。

荷物を送るのは、わが家はいつもJALABCを利用しています。

ホテルから羽田空港まで荷物を運んでくれます。

料金は、1個1,000円1,200円(2017年8月1日から変更になりました。)で、羽田空港で荷物の受け取りの際に支払います。

荷物が多いとき、荷物を運ぶ人が少ないとき、パークに少しでも早く入園したい(並びたい)ときは便利です。

 

JALABCの利用方法については、こちらで。

»ディズニー旅行の帰りの荷物はどうしよう~最終日に東京観光などする場合~

 

 

まとめ

今回の2泊3日、2人の東京ディズニーリゾート旅行の費用は、

  • 交通費(地元-羽田、羽田-舞浜、ディズニーリゾート内)
  • 宿泊費
  • 荷物関係費(コインロッカー代、最終日羽田への配送)
  • パークチケット代
  • 食事代(スイーツ含む)
  • お小遣い

です。

大人9万円、中学生8万円、合計で17万円ちょっとかかりました。

 

参加メンバーによっては、この他に、

  • 地元空港の駐車場代
  • ディズニーリゾートでの写真代(インディ・ジョーンズやスプラッシュマウンテン)

もプラスして予算を立てられるといいと思います。

 

どんな旅行にしたいかで予算は変わってくるのですが、参考にしていただければ幸いです。

 

なお、今回の旅行で利用したJALダイナミックパッケージのメリット、デメリットなどについて、こちらの記事でまとめています。

»JALダイナミックパッケージでディズニー旅行に行きました~

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、よい旅を!