知っ得情報

羽田空港から舞浜駅まで電車での行き方

2018/11/11

羽田空港から舞浜駅まで、電車を乗り継いで行ったのでまとめました。

利用した電車は、東京モノレール、りんかい線、JRです。

東京モノレールとJRのみで行く方法もありますが、今回は、使ったことのないりんかい線を使ってみました。

※ディズニーランド、ディズニーシーへは、舞浜駅隣のディズニーリゾートラインの駅(リゾートゲートウェイ・ステーション)からリゾートラインで、それぞれ2分、9分で着きます。

 

スポンサーリンク



羽田空港のモノレールのりば改札口へ

わが家は、JAL便で羽田空港第1ターミナルに着きました。

羽田空港第1ターミナル到着ロビーに出たら、最寄りのエスカレーターで地下1階に下ります

南ウィング到着は到着ロビーに出たら左手、北ウィングは到着ロビーに出たら右手のエスカレーターで下りると、下りたところがモノレールのりばになります。

羽田空港公式/第1旅客ターミナル1階フロアマップ

上の公式サイトのフロアマップの左が南ウィング、右が北ウィングです。

わが家は南ウィングの到着でしたので、到着ロビーを出て左手にあるエスカレーターで下りました。

下りるとこんなかんじです。

 

羽田空港第1ターミナルモノレール乗り場改札と切符券売機

大きく案内表示があるのですぐわかります。

左手奥に切符券売機があります。

その右側に改札口があります。

 

モノレールSuicaの購入場所

ここで、念願のSuicaを購入♪

正確には『モノレールSuica』ですが。

モノレールSuicaを購入する場所は、切符券売機です。(上の写真を参照ください。)

購入方法は、切符券売機の画面で『Suica購入』をタッチし、Suicaの種類と金額を選ぶだけです。

支払いは現金のみです。ご注意ください。

詳しくはこちらで。

東京モノレール公式/モノレールSuica

わが家は、各々2,000円の『モノレールSuicaカード』を購入しました。

500円はデポジット(預かり金)なので、実際に使えるのは1,500円分になります。

 

Suicaは、ほんとに楽でした。

今まで東京観光で電車を利用する時は、各駅の切符券売機で切符を買っていたのですが、今回Suicaを初めて利用して、今までの面倒は何だったのかと思いました。

地元ではあまり公共交通機関を利用しないもので、ICカードの便利さを初めて知りました。(汗)

ピッってかざす度に都会の人になった気分も味わえます。(どんだけ田舎者なんだ。)

 

羽田空港のモノレールのりばへ

モノレールSuicaを購入したら、隣りにある改札へ。

モノレールSuicaを自動改札にかざして、改札口を通ります。

なんか楽しい。

モノレールの乗り場は1番のりば(浜松町方面)です。

羽田空港第1ターミナルモノレール乗り場

 

モノレール内は空いていました。

ゆっくり座ることができました。

座ってる間に、天王洲アイル駅での乗り換え方法をスマホで検索。(汗)

14分で天王洲アイル駅に到着です。

 

天王洲アイルでモノレールからりんかい線へ乗り換え

天王州アイル駅に着いたら、モノレールからりんかい線へ乗り換えます。

モノレールからりんかい線への乗り換えのルートは屋外と屋内の2通りあります。

東京モノレール公式/天王洲アイル駅

上の東京モノレール公式サイトに、乗り換え案内図が出ています。

  • 屋内のルート:中央口から出てスカイウォークを通る
  • 屋外のルート:南口から出て交差点を渡るか、中央口から出て交差点を渡る

わが家は南口から出る屋外のルートで行きました

モノレール内でも、りんかい線への乗り換え方法のアナウンスがありました。

りんかい線へのお乗り換えは、進行方向の後方階段より南口出口へお進みください。

下の写真が進行方向の後方階段になります。ここを上ります。

モノレール天王洲アイル駅の階段

 

この階段を上ったら反対側のホームに一旦下りて、南口改札へ。

南口の改札でも、モノレールSuicaをピッとかざします。

改札を出たら、階段を下ります。

エスカレーターは上りだけで、下りのエスカレーターはなく、階段のみでした。

 

モノレールの天王洲アイル駅を出たら右へ

すぐ、大きな交差点がありますので、ここを左へ渡ります

信号待ちは90秒ぐらいでした。(ネット上でここの信号待ちが長いとの情報があったので、スマホのストップウォッチで測ってみました。)

モノレール天王洲アイル駅を出てすぐの交差点

 

横断歩道を渡り終えると『りんかい線天王洲アイル駅↑』の看板がありますので、まっすぐ進むと1分ほどで、りんかい線天王洲アイル駅の入り口に到着です。

モノレールを降りてからここまで、5分でした。

りんかいせん天王洲アイル駅入口

 

りんかい線天王洲アイル駅の入り口を入ると、下りエスカレーターを下りて、さらに下りエスカレーターを下り、通路を通って改札口へ

ここでも、モノレールSuicaを自動改札にかざして入ります。

さらに長い下りエスカレーターを下り、のりばへ

のりばは、2番のりば(新木場方面)です。

モノレールを降りてから、ここまで8分でした。

 

ボストンバッグ(6kg)を抱えての移動でしたが、特に大変ではありませんでした。

ただ、雨が降ったり、大きな荷物があったりしたら、大変かもしれません。

気になったのは、モノレール天王洲アイル駅南口を出る時の階段です。

エスカレーターは上りしかなく、下りは階段を使うしか駅から出る方法がないようです。

わが家の前にベビーカーを押している夫婦がいたのですが、夫婦でベビーカーを持ち上げて、階段を下りていました。

 

りんかい線で新木場へ

りんかい線の電車内も空いていて、座れました。

10分で新木場に到着です。

 

新木場でりんかい線からJR京葉線(武蔵野線)へ乗り換え

りんかい線新木場駅に着くと、他の人についていって改札を出ます。(汗)

りんかい線の改札を出て、右へ進むと、すぐJR線の改札があります

りんかい線の改札を出て、JR線の改札まで30秒かかりません。近いです。

改札を通ったら、エスカレーターか階段で上へ。

新木場駅の階段

のりばは、1番のりば(蘇我・西船橋方面)です。

JR東日本公式/新木場駅構内図

新木場での乗り換えは超簡単でした。

 

JR京葉線(武蔵野線)で舞浜駅へ

新木場駅の1番のりばには既に電車が停まっていたので、乗りました。

車内は混雜していました。

JR武蔵野線の混み合う車内

座れませんでした。

といっても、乗車時間は9分。

あっという間に舞浜駅に到着です。

 

羽田空港から舞浜駅まで電車でかかった時間と運賃まとめ

羽田空港から舞浜駅まで、電車での行き方をご紹介しました。

時間と運賃はこんなかんじでした。

時刻 交通機関 IC運賃
20:58発 羽田空港第1ビル 東京モノレール(区間快速)14分 411円
21:12着 天王洲アイル
    徒歩(のりばからのりばまで8分)  
21:24発 天王洲アイル りんかい線 10分 329円
21:34着 新木場
    徒歩(のりばからのりばまで3分)  
21:37発 新木場  JR武蔵野線 (普通)9分 154円
21:46着 舞浜 

IC運賃の合計は、894円でした。

羽田空港第1ビルを出発して舞浜駅に着くまで、かかった時間は、48分でした。

(電車に乗ってたのが33分、移動が11分、電車の待ち時間が4分。)

 

今まで、モノレールとJRで舞浜まで行ったことは何度かあるのですが、

りんかい線を利用したのは初めてで、乗り換えが心配でしたが、

難なくできました。

モノレールとJRを乗り継ぐ行き方(羽田空港→浜松町→東京駅→舞浜駅:東京駅での乗り換えに10分かかる)よりも、今回のモノレールとりんかい線とJRを乗り継ぐ行き方の方が乗り換えが楽でした。(晴天、荷物が少ない今回の場合ですが。)

 

おわりに

羽田空港から舞浜への移動は、東京ディズニーリゾート行きのリムジンバスを利用するのが早いし、楽です。

でも、東京ディズニーリゾート行きのリムジンバスの最終便は、19時台です。

今回わが家が羽田空港に着いたのは、東京ディズニーリゾート行きのリムジンバスの最終便が出てしまった後でした。

舞浜に行くにはどうすればよいか、色々調べました。

»羽田から舞浜まで夜に行く方法~舞浜行きリムジンバス最終便の後~

当初の計画では、リムジンバス(羽田空港→JR新浦安駅)とJR(新浦安駅→舞浜駅)で行こうと思っていました。

が、想定外のことがあって、あえなく断念し、電車を乗り継いで行きました。

結果的に、新浦安駅までのリムジンバスを利用した場合と同じくらい早く舞浜に着くことができたし、電車での2回の乗り換えも無事にできたので、今回の電車での行き方もありだと思いました。

次回も、東京ディズニーリゾート行きのリムジンバスの最終便が出たあとで舞浜へ行く場合は、モノレール、りんかい線、JRを乗り継いで電車で行こうと思います。

もし、雨が降ったら、天王洲アイルでの乗り換えをスカイウォークを通ってみたいなと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、よい旅を!