2018年東京ディズニーリゾート

ディズニーランドで優先入場整理券をいただきました~ディズニー旅行記2018-23~

2018/10/14

書くかどうか迷ったんですよね。

今回のことを悪用されたらいやだな、と思って。

でも、この記事を読んでくださっているあなたは、きっといい人だから大丈夫!と思い、書くことにしました。

以下、ディズニーランドで優先入場整理券をいただいたときのお話です。

簡単に優先入場整理券の説明を。

 

»優先入場整理券とは

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのアトラクションのうち、いずれか一つを優先的に利用できる券。

 

»優先入場整理券の種類

全てのアトラクションを利用できるものと、一部利用できないアトラクションがあるもの、がある。

当日のみ利用できるものと、当日と次回来園時に利用できるもの、がある。

 

»優先入場整理券の入手方法

アトラクションを利用している途中でアトラクションが停止し、最後まで利用できなかった場合に配られることがある。もう1回乗ることでそのアトラクションを最後まで楽しめるようにというパーク側の配慮。

ファストパスを取っているアトラクションが運転再開の見込みがない場合に配られることがある。当日の利用が難しい場合、後日来園時にそのアトラクションを利用できるようにというパーク側の配慮。(優先入場整理券の配布ではなく、取っているファストパスで、どのアトラクションでも当日乗ることができるようにすることもある。)

優先入場整理券を配るかどうかの判断はパーク側によります。

 

スポンサーリンク



この日の計画

ランド滞在は2時間しかない

この日はディズニー最終日。午後からは都内観光に行く予定だから、ランドの滞在時間は長くて2時間の予定。

そんな短い滞在時間だから、計画の段階では、ランドに行くかどうか考えました。

だってパスポート代が高いから。2デーパスポートを買った場合、大人の2日目は5,800円。2時間に5,800円払う?

しかも、スプラッシュ・マウンテンとホーンテッド・マンションがメンテナンスのため休止期間中でした。この2つのアトラクション好きなのに…。

でも、せっかく遠方から行くし、年に1回だし、大好きなカリブの海賊に行きたいし、ということで、ランドに行くことにしました。

 

2時間のプラン

そして考えた2時間のプランは、こうです。

ハッピー15エントリーで入園

→ビッグサンダー・マウンテンのファストパスを取る

→ビッグサンダー・マウンテンをスタンバイで乗る

→カリブの海賊に乗る

→カリブの海賊の近くにあるショップをささっとみる

→(利用時間が30分後くらいまでだったら)スペース・マウンテンのファストパスを取る

→ビッグサンダー・マウンテンにファストパスで乗る

→スペース・マウンテンにファストパスで乗る

→(空いてたら)カリブの海賊に乗る

→帰りがけにワールドバザールのショップを通って買いたい物があれば買う

→退園

2時間の間に、ビッグサンダー2回、スペース1回、カリブ2回乗れたらいいな~と。

最低でも、ビッグサンダー2回とカリブ1回は確実に乗れるから、まあいいかと思っていました。

 

そして当日トラブル発生

では、当日の様子を。

途中からトラブルが起き始めます。

 

ハッピー15エントリーでランドに入園

この日のランドの開園は8時。ハッピー15エントリーの開始は7時45分です。

ミラコスタの部屋を出たのが7時26分。

リゾートラインに乗ってランドに着いたのが7時38分。

荷物検査を済ませて、ハッピー15エントリーの列に並んだのが7時41分。

わが家がランドに入園したのが7時49分。

以前はパートナー像あたりの広場で足止めだったのに、この日は、ビッグサンダー方面の橋の手前まで行けました。

そこで整列して開園を待ちました。

 

ビッグサンダー・マウンテンのファストパスは取れた

そして開園の8時。キャストの先導でゆっくり歩いて進みます。

1分ほど進んだところで、先導が解除され、みんな一斉に走る。

わが家は早歩きでビッグサンダー・マウンテンのファストパス発券機へ。

8時3分に発券して、利用時間は8時50分~9時50分でした。ほぼ予想通り。

 

 

ファストパスの発券後、すぐビッグサンダーのスタンバイへ。

ビッグサンダーの乗り場に着いたのが8時9分。

朝一ビッグサンダー、楽し~い!

乗り終わって出てきたのが8時16分。

 

すぐにカリブの海賊へ向かいます。

カリブに着いたのが8時22分。待ち時間は5分。予想通り朝一は空いています。

カリブ大好き!しばしカリブの海賊の世界にひたります。

 

カリブを乗り終えると8時37分。

次のファストパスを取れるまで13分あります。

カリブからスペースマウンテンまでは3分あれば行けるけど、前もって行って時間ぴったりに発券できるようにします。

私は、スペース・マウンテンのファストパス発券機へ。

娘(中学生)はその間ひとりで近くのショップをぶらぶら。

 

スペース・マウンテンがシステム調整で止まってた

が、ここで最初のトラブル発生。

スペース・マウンテンが止まってた。

「システム調整のため一時的に運転を休止しています。」だって。

当然、みんなファストパスを取るので、ファストパスの利用時間はすでにお昼前くらいだったような。(うろ覚えですが)

わが家が利用するのは無理な時間だったので、この時点でスペース・マウンテンは消えた。残念。娘はスペース・マウンテンが大好きで楽しみにしていたのに。(私は苦手だけど。)

まさか止まってるなんて思わないので公式サイトはチェックしてなかった。時間をロスしてしまいました。

スマホで公式サイトをチェックしてたら、ここまで移動せずに買い物の時間にあてられたのに~、と思いながら、娘と合流。

スペース・マウンテンが消えたから、早めにビッグサンダーにファストパスを使って乗り、帰りがけにショップをみて買い物の時間を増やそうということに。

 

ビッグサンダーよ、おまえもか

スペース・マウンテンは残念だったね~、乗りたかった~と話しながら、ビッグサンダー・マウンテンへ。

ビッグサンダーの入口付近に、なんかめっちゃ人が多いのはなぜ?

嫌な予感。

そして、聞こえてきたキャストの声。

「ビッグサンダー・マウンテンはシステム調整のため、ただいま一時的に運転を休止しております。」

_| ̄|○

ファストパスを持っている人は、ビッグサンダーの運転が再開したら、時間は関係なくいつでも使えるとも言っている。

うちはそれじゃあだめなんだよお。もう帰らなくちゃいけないんだよお。どうするの?

娘がっかり。私もがっかり。

ーいやいや、このまま乗れずに帰るなんて、かなしい。なんとかしよう。

 

優先入場整理券をもらった経緯

そこで、ダメ元でキャストに相談。

人混みから離れたところにいる手のあいてそうなキャストを探して、声をかける。

 

私:
ビッグサンダー・マウンテンのファストパスは、このあといつでも使えると聞いたのですが。

 

キャストAさん:
さようでございます。お時間に関係なく、運転再開後ご利用いただけます。

 

私:
実は、私達は〇〇(地元の地方都市の名前)から来たのですが、旅行は今日までの予定で、今日は午後から都内観光をする予定なので、もうすこししたらディズニーリゾートを出発しなくてはいけなくて、再開を待ってる時間のよゆうがないのです。もしかして、今度来たときにこのファストパスを使うことはできませんか?

 

キャストAさん:
申し訳ありません。後日のご使用はできないのですが、こちらで少しお待ちいただけますか?

 

私:
はい。

 

しばしキャストを待つ。ビッグサンダーに乗りたいよね、と娘と話しながら。

1~2分で、さきほどのキャストが別のキャストを連れて戻ってきた。

 

キャストAさん:
こちらの者(キャストB)が対応いたしますので、わたくしはこれで失礼します。

 

キャストBさん:
ご事情をうかがいました。〇〇からお越しいただき、ありがとうございます。

この度はご迷惑をおかけして申し訳ありません。

ビッグサンダー・マウンテンのファストパスの次回のご利用はできないのですが、

もしよろしければ、本日ディズニーランドの、どのアトラクションでも優先的にご利用いただけるチケットをお渡しいたしますので、ほかのアトラクションでお楽しみいただけませんでしょうか。

もし、ご滞在時間内にビッグサンダー・マウンテンの運転が再開いたしましたら、そちらでもお使いいただけるものでございます。

 

私の頭の中:
えー。やっぱり次来た時はダメなのか。まあそうだよね。うちらみたいな状況の人みんなに、次来たときに使えるようにしたら、次来たときにいるゲストに影響しちゃうよね。

うちらはビッグサンダー・マウンテンに乗りたかっただけなのに。どうしよう…。

ビッグサンダーの運転再開を待てないのはこっちの都合だし、このまま何も乗れずに帰るよりは、何か乗れるならそれにこしたことはないか。こうして考えてるのも時間のロスになってるし。

決定。優先的に利用できるチケットをもらおう。

 

私:
では、ご厚意に甘えて、お願いします。

 

キャストBさん:
かしこまりました。こちらになります。

 

で、いただいた優先入場整理券がこちら。

アルファベットと数字、一番下には番号が印字されていました。

※ビッグサンダー・マウンテンのファストパスは、キャストBさんに渡しました。(回収されました。)

 

キャストBさんにお礼を言ってお別れします。

「このあともお時間の許す限り、東京ディズニーランドをどうぞお楽しみください。」の言葉に送られて。

 

優先入場整理券の使い方

どのアトラクションでも使えると言われたし、いただいた優先入場整理券にもそう書いてある。

何に使う?

まずは、さっき止まってたスペース・マウンテンが動いてないか、スマホで公式サイトをチェックしてみる。けど、まだ動いてない。

スプラッシュもホンテも休止中だし。

娘の乗りたいものでいいよと娘に言うと、「じゃあ、久しぶりにプーさん乗ろう!」との返事。

プーさんのハニーハント、久しく乗っていません。娘が小さいころは必ず乗ってたのにね。

では、時間もないことだし、レッツゴー!

 

優先入場整理券の使い方はファストパスと同じです。

ファストパスエントランスのキャストに優先入場整理券を見せます。

キャストにいったん渡し、すぐ返されたのがこちら。

穴が開いています。(キャストがなにで穴を開けたのかは覚えていません。汗)

穴のあいた優先入場整理券を持ったまま、ファストパスのキューラインを進みます。

キャストがファストパスを回収するところで、優先入場整理券も回収です。

 

そして、乗り場へ。

ハニーポットへ乗って、はちみつ探しの冒険へしゅっぱ~つ!

やっぱプーさん癒やされるわ~。乗ってよかった。

プーさんのお店にも寄って、娘はお土産を購入。

その後は、ワールドバザールのショップの中を通りつつ、お土産を少し買って、ランドを退園しました。

 

おわりに

今回、ランドのビッグサンダー・マウンテンがシステム調整のため運転休止になったことがきっかけで、優先入場整理券をいただきました。

滞在時間が限られていたわが家にとっては、ビッグサンダーの運転再開を待つことはできず、ビッグサンダーに乗れずに終わってしまうところでした。

が、キャストのご厚意でプーさんのハニーハントに乗れて、東京ディズニーリゾートの旅を楽しいままの気持ちで終えることができました。

プーさんのハニーハントのファストパスを取ってたゲストやスタンバイしていたゲストにはわが家の2人分だけ待ち時間が増えてごめんなさいですが。

ディズニーランドやディズニーシーで、何か困ったことが起きたら、まずキャストに相談してみましょう。

解決策をいっしょに考えてくれると思います。

今回のことを悪用する人はいないと思います。だってあなたはディズニー好きないい人ですから。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、よい旅を!

→旅行記の続きはこちら。【ディズニーシーコインロッカー】いっぱいで空いてないときは手荷物預かり所へ~ディズニー旅行記2018-24~