知っ得情報

ディズニー旅行のツアー料金が割引になる方法

2019/09/14

地方から東京ディズニーリゾートへ行くとなると、結構な出費ですよね。

でも、子どもたちの喜ぶ顔が見たいから、連れていってやりたい。

自分も楽しみたい!

そこで、ディズニー旅行をJALパックやANAスカイホリデーなどのパッケージツアーを利用して行く場合に、ツアー料金が割引になる方法をご紹介します。

 

その方法とは、旅行代理店と支払方法を選ぶことです。

私がこの方法を知ってから利用しているのは、最近ではイオンコンパスです。イオンカードで支払います。

以前は、CDトラベルを利用していました。こちらはセディナカードで支払っていました。

詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク



イオンコンパスで申し込み&イオンカードで支払いで最大6%割引

イオンコンパスでは、イオンカードで支払いをすると、JALパックやANAスカイホリデーなどのパッケージツアーの料金が最大6%割引になります。(時期によって割引率は変わります。)

もちろん、ときめきポイント(イオンカードでの支払いで付与されるポイント)もつきます

イオンコンパスは、イオン系の旅行代理店です。

イオンコンパスは、イオントラベルモールのwebサイトから利用できます。

イオントラベルモールへ電話(フリーダイヤル有り)かメールで、パッケージツアーを申し込みます。

私が申し込むときは、電話を利用します。

割引を受けるには、パッケージツアーの申し込み時に、イオンカードで支払うことを伝えるだけです。

 

わが家の最近の旅行でも、イオンカードを利用してイオントラベルモールから申し込みました。

そのときは、JALパックを申し込みました。

5%割引だったのですが、4人で17,360円の割引になりました。

結構お得です。

17,000円あれば、旅行でのちょっと豪華な食事やお土産代の予算にあてることもできます。

わが家はこのときは、ディズニーランドホテルのシャーウッドガーデンレストランのランチ代にあてました。

(直近の旅行でも利用しました。ディズニー旅行記2018・手配編

 

»イオンカード(入会金・年会費無料)の公式サイトはこちら イオンカード

»イオントラベルモールの公式サイトはこちら イオントラベルモール

 

セディナトラベルデスクで申し込み&セディナカードで支払いで5%割引

わが家は、イオントラベルを利用する前はCDトラベルという旅行代理店を利用していました。

現在は、CDトラベルはセディナトラベルデスクへ名称が変わっています。

(取次代理店が株式会社シティツアーズになっています。)

こちらの代理店は、セディナカードで支払いをすると、JALパックやANAスカイホリデーなどのパッケージツアーの料金が3%~7%割引になります。(JALパック、ANAスカイホリデーは通常5%割引)

こちらも電話(フリーダイヤル有り)かメールで申し込みます。

もちろんクレジットカードのポイントもつきます。

以前、私はセディナカードを使っていたので、パッケージツアーを申し込む際はCDトラベルを利用していました。

JALパックやANAスカイホリデーを申し込んで、いつも5%割引になっていました。

当時使っていたセディナカードの年会費がかかるようになったので、カードを解約し、年会費無料のイオンカードを使ってイオントラベルで申し込む方法に変えました。

現在は年会費がかからないセディナカードもあるようです。

 

»セディナトラベルデスクの公式サイトはこちら。セディナトラベルデスク

 

利用している感想

イオンコンパスもCDトラベルも、フリーダイヤルで電話ができるので、ちょっと聞きたいことや急に変更したいことができた時も助かります。

地方からだと電話代もばかになりませんし。

どちらの代理店の対応も丁寧迅速でした。

メールより電話の方が早いので、私はいつも電話を使います。

 

どちらの代理店を利用される場合も、ツアーを申し込む際に、クレジットカードで支払うことをお伝えください。

なお、割引になるのは、パッケージツアーの料金です。

入園チケットなど、パッケージツアーの料金に含まれていないものは割引になりませんのでご注意ください。

今回ご紹介した方法は、ポイントもつくし、割引もしてもらえるし、ちょっとお得だと思います。

 

まとめ

ディズニー旅行のツアー料金が割引になる方法を2つご紹介しました。

イオントラベルモールで申し込み、イオンカードで支払い。

セディナトラベルデスクで申し込み、セディナカードで支払い。

他のクレジットカードでもこのような割引があるかもしれませんので、普段使われているクレジットカードがあれば、確認してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、よい旅を!