手配

地方からディズニーに行くときの手配の仕方~飛行機利用&ディズニーホテル泊~(続き)

2018/08/25

手配するときから楽しい、東京ディズニーリゾート旅行♪

わが家の手配が実際にどうだったか時系列でまとめました。

2015年の東京ディズニーリゾート旅行の手配です。

東京ディズニーランドホテルに泊まりたかったので、手配は旅行に行く日の6か月前から始まります。

 

なお、この記事は続きです。よろしければ、前の記事もどうぞ。

前の記事 地方からディズニーに行くときの手配の仕方~飛行機利用&ディズニーホテル泊~

 

 

スポンサーリンク



この時手配したこと

  • 日程 2015年1月3日~1月6日
  • 参加人数 大人4人(私、夫、子ども2人(共に12歳以上))
  • 宿泊 東京ディズニーランドホテル スタンダードスーペリアアルコーヴルーム(以下アルコーヴルームと略します)
  • 飛行機 最寄空港⇔羽田空港(往路は始発便、復路は最終便)
  • レストラン シャーウッドガーデンレストラン(1月6日ランチ)

実際の手配の流れ

手配の流れはざっくりこんなかんじです。

6月ごろ
JALとANAのツアーの発売開始日をチェック

7月4日・5日
東京ディズニーリゾート総合予約センターで東京ディズニーランドホテルの客室のみを予約

7月11日
ANA旅作発売開始。料金をチェック

7月17日
ANAスカイホリデー発売開始。旅作と比べてよければ予約

7月29日
JALパック発売開始。旅作、スカイホリデーと比べて、プランを最終決定、不要になったものをキャンセル。

 

 

手配の詳細

ツアーの発売開始日をチェック(2014年6月)

1月のツアーの発売開始は、前年の7月~8月です。

東京ディズニーランドホテル宿泊のツアーは人気が高いので、確実に予約するために発売開始日に予約します。

そのためにツアーの発売開始日を調べます。

JALもANAも公式サイトのプレスリリースで発売開始日のお知らせがあるので、6月くらいからチェックします。

この年の発売開始は・・・

  • ANA旅作 7月11日(金)10:00
  • ANAスカイホリデー 7月17日(木)14:00
  • JALパック 7月29日(火)14:00
  • JALダイナミックパッケージ 不明(控えてなくて。このときは候補に入れてなかったようです。)

 

東京ディズニーランドホテルの予約(2014年7月4日・5日)

手配開始です。

予約方法

まずは、東京ディズニーランドホテルの宿泊を予約します。

予約方法は、東京ディズニーリゾート総合予約センターで、宿泊日の6か月前の同日から電話かオンラインで。

特に理由はないのですが、私はいつも電話で予約をしています。

(※東京ディズニーリゾート総合予約センターの宿泊予約開始日が変更になりました。バケーションパッケージは6ヶ月前から、オンライン予約は5ヶ月前から、電話予約は4ヶ月前からです。詳しくは公式サイトでご確認ください。/2017年5月追記)

 

予約するのは2泊目と3泊目

1月3日(旅行の1泊目)の宿泊はツアーで必ずついてるので、今回は4日(旅行の2泊目)と5日(旅行の3泊目)の宿泊を自分で予約します。

この時点では、まだツアーが発売されてないので、何泊のツアーを利用するかわかりません。

ツアーが発売されたら、組み合わせを考えて安くなるように選びます。

そのため、旅行の2泊目と3泊目の宿泊を一応おさえます。

最終的に組み合わせを決めた時点で、不要になった宿泊はキャンセルします。

 

予約する部屋は?

 

わが家は部屋からの眺望にはこだわりがなく、3泊とも同じ部屋に泊まりたい、かつなるべくお安くおさえたいので、アルコーヴルーム(1~3階)を狙います。

 

1月4日の宿泊予約

7月4日に、1月4日の宿泊予約をしました。

私の仕事の都合で予約開始の9時に電話することができず、お昼休みの12時10分頃に電話しました。

一度でオペレーターさんにつながりました。

が、アルコーヴルーム(1~3階)は既に満室。

とれた部屋は、アルコーヴルーム(4~9階)、料金は1室70,000円でした。この日は「トップ」※の料金なので、高い‥。

第1希望の部屋ではありませんが、とりあえずは、とれてよかったとします。加湿器のリクエストもしておきました。

まずは、ひと仕事完了です。

ディズニーホテルは宿泊日によって4つの料金が設定されています。

安い順に「バリュー」「レギュラー」「ピーク」「トップ」です。

(※ディズニーホテルの客室料金は変動性になりました。発売時にしか料金が確認できなくなりました。/2017年7月追記)

また、現在は予約時に申込金が必要です。

細かく規定があるので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

東京ディズニーリゾート公式サイト(ディズニーホテル予約時の申込金について)

 

1月5日の宿泊予約

7月5日に、1月5日の宿泊予約をしました。

この日も私は仕事でしたが、夫が休みだったので、夫に予約を任せました。

9時ちょうどに電話がつながったそうで、狙っていたアルコーヴルーム(1~3階)を予約できました。

料金は、40,100円でした。

内心心配でしたが、期待に応えてくれました。

この時に1月6日のシャーウッドガーデンレストランのランチ(12:00)の予約も無事に完了。

加湿器のリクエストもしました。

1月5日はランドホテルの宿泊料金は「バリュー」です。

1月4日が「トップ」なので、比べると安く感じます。(十分高いのですが。)

 

この時点で、旅行の2泊目と3泊目のランドホテルの宿泊は確保できました。よしよし、いいかんじ~♪

東京ディズニーランドホテル前のミッキーのトピアリー

 

ANA旅作の発売開始(2014年7月11日)

ツアーの発売が始まります。

この日はANA旅作の発売開始日でした。

東京ディズニーランドホテル・アルコーヴルーム(1~3階)3泊4日のプランが大人1人86,000円でした。

夕方、ANA公式サイトをチェックしたのですが、その時点で残室はありました。

旅作を利用する場合は、リムジンバス(片道4人で2,910円)と荷物をホテルに送る手配(ANA宅空便1個1,000円)は自分でしないといけません。

旅作を利用した場合の料金の合計は、86,000×4+2,910+1,000=347,910円です。

安い気もします。が、旅作は申し込み時に即時支払いです。

申し込んだ後でキャンセルすると返金に時間がかかったりして、家計にひびきます(汗)。

ちょっと様子見で、この時点で申し込みはしませんでした。

 

ANAスカイホリデーの予約(2014年7月17日)

いよいよ飛行機と1泊目の手配になります。

この日はスカイホリデーの予約開始日です。

 

イオンコンパスへ予約の申込み

朝一で、旅行代理店に電話します。

今回予約をお願いしたのは「イオンコンパス」というイオン系の旅行代理店(webサイト)です。

ここは発売開始日の朝から予約預かりをしてくれます。

ディズニーホテル宿泊のプランは競争率が高いので、発売開始時刻より前に代理店に予約を申し込むのが必須です。

(もしくは、ANAの公式サイトから予約する方法もあります。)

例年は、予約するプランを決めてから旅行代理店に予約申し込みの電話をしていました。

というのは、発売開始日の前日に、近場の旅行代理店でスカイホリデーのパンフレットを入手していたからです。

しかし、この年は近場の旅行代理店に事前にパンフレットが届いてなくて、入手できませんでした。

その為、朝一でイオンコンパスに電話した時にプランを決めました。

ツアーの内容や料金などをその場で教えてもらいました。

(※現在は、パンフレットの商品コードを伝えないと予約はできませんのでご注意ください。/2017年7月追記)

スカイホリデーを1泊2日にするか、2泊3日にするかを、その場で計算※し、2泊3日のプランに決めました。

 

※計算した内容

  • スカイホリデー、1泊2日のプランは大人1人が72,000円、2泊3日のプランは大人1人が86,000円でした。
  • 既に予約済みの東京ディズニーランドホテルの料金は、1月4日宿泊分が70,000円、1月5日宿泊分が40,100円です。

組み合わせは2通りです。

  • スカイホリデー1泊2日(@72,000×4)+東京ディズニーランドホテル1月4日・5日宿泊→398,100円
  • スカイホリデー2泊3日(@86,000×4)+東京ディズニーランドホテル1月5日宿泊→384,100円

スカイホリデー2泊3日と東京ディズニーランドホテル1月5日宿泊の組み合わせの方が14,000円安くなります。

 

予約は取れたか?

さて、そんなかんじで、スカイホリデーの2泊3日に決めて、予約の申し込みをしました。

ここから先はイオンコンパスさんの腕頼みです。

発売開始時刻ぴったりに全国の旅行代理店がいっせいに端末に入力するそうです。

その中でもディズニーホテルは人気が高く、予約を取るのはかなり競争率が高いそうです。

がんばります!とのことでした。

 

その日の午後、イオンコンパスさんから連絡があり、見事、希望通りのプランの予約をおさえてくださいました。ブラボー!

イオンコンパスさんありがとうございました!

 

後日、スカイホリデーの3泊4日のプランに気づく

ここで、思わぬ事態に。

予約完了後、近所の旅行代理店でパンフレットを入手し、見ていたら気づきました。

この年はスカイホリデーに3泊4日のプランが新登場していたのです。

トータルの料金もその3泊4日のプランの方が安かったのです‥。

プランを変更しようか迷ったのですが、その時点で変更はしませんでした。

理由は、1月6日のシャーウッドガーデンレストランのランチを早い時刻に利用したかったからです。

先日、東京ディズニーランドホテルを予約した際に、すでに一番早い時刻12:00のランチを予約済みです。

ディズニーホテルの宿泊予約と同時にレストラン予約をできるのは、東京ディズニーリゾート総合予約センターからディズニーホテルを予約した場合の特典です。

旅行代理店経由でディズニーホテルに宿泊予約の場合、ホテルのレストラン予約ができるのは、チェックイン日の1か月前からになります。

もし、スカイホリデー3泊4日のプランに変更すると、今持っているレストラン予約もキャンセルすることになります。

改めてレストラン予約ができるのは、チェックイン日の1ヶ月前になり、ランチの早い時間は空いてないかもしれません。

そうなると、午後の都内観光の時間が少なくなるかもしれないので、困ります。

だから、この時点ではスカイホリデーの3泊4日のプランに変更はしませんでした。

さあ、あとはJALパックの発売を待つのみです。

 

JALパック発売前に、料金の比較と最終決定(2014年7月28日)

JALパックの発売開始の前日、近所の旅行代理店でパンフレットを入手できました。

早速、スカイホリデーとJALパックを比べます。

スカイホリデーの方が良ければ、JALパックの予約は不要になります。

(もし、発売開始前にパンフレットが入手できてない場合は、予約の際に旅行代理店さんにプランの内容を聞いて、その場で計算して、既に予約しているプラント比較して、どうするかを決めます。)

 

出そろった今回のプランの料金

プランを組み合わせて比べてみます。

  • ANA旅作3泊4日のプラン+リムジンバス(片道)+荷物宅空便=347,910円
  • ANAスカイホリデー1泊2日のプラン+ランドホテル(1/4・5)=386,740円
  • ANAスカイホリデー2泊3日のプラン+ランドホテル(1/5)=369,940円(この時点で予約しているプラン) 
  • ANAスカイホリデー3泊4日のプラン=360,240円 
  • JALパック1泊2日のプラン+ランドホテル(1/4・5)=407,640円 
  • JALパック2泊3日のプラン+ランドホテル(1/5)=337,640円(最安)

料金だけ比較すると安いものと高いもので70,000円の差があります。

2泊3日のツアーを比べると、JALパックとスカイホリデーでは30,000円ほど違いました。

JALパックとスカイホリデーは、例年、どちらかが安くてどちらかが高いです。同じくらいということはあまりありません。

なので、わが家は安い方を選ぶことが多いです♪

比べてみるって大事ですよね。

 

3つのポイントで最終決定

さて、3つのポイントで最終的にどうするか決めます。

3つのポイントとは、

  1. 料金
  2. ディズニーリゾート到着時刻
  3. 特典

です。

 

1.料金

JALパック2泊3日のプラン+ランドホテル(1/5)が最安です。

 

2.東京ディズニーリゾートへの到着時刻

羽田空港からのバスが東京ディズニーリゾートへ何時に到着予定かを比べます。

わが家の利用するバスは、JALパックは10:46、ANAスカイホリデーは10:26でした。

ANAスカイホリデーのほうが早く着けます。

わが家はアトラクション重視で、ファストパスを効率よく取りたいので、できるだけ早く着きたいのです。

午前中の20分の差って大きいです。混雑日は、3枚目のファストパスが取れるか取れないかにかかわってくるのきますから。

 

3.特典

両方とも荷物は当日ホテルまで運んでくれます。

JALパックの特典は、ビックバンドビート鑑賞券(先着順・人数限定)、ポップコーンバケット引換券など。(3歳~11歳のお子様向けにポーチやチュロス引換券、赤ちゃんのベビーカーのレンタル予約でミッキーのブランケットクリッププレゼント、などもありましたが、わが家は対象外でした。残念。)

ANAスカイホリデーの特典は、お部屋のアップグレード(ルーム数限定)やお夜食(わが家は対象外)など。(赤ちゃん連れに紙おむつと携帯用おしりふきをプレゼントなどもありました。)

 

以上の3つのポイントから考えました。

そして、今回はJALパック2泊3日+ランドホテル(1/5)に決定しました。

ビックバンドビート鑑賞券付きで最安料金というのに大きくひかれました。

これでビックバンドビートが確実に1回観られます。

東京ディズニーリゾートに到着するのが、20分遅いのは痛いな~とは思いましたが‥。

(ところが、10月中旬にJAL便の羽田空港到着時刻が10分早く変更になったので、接続のバスを早い便に変更することができました。結果、東京ディズニーリゾート到着時刻がスカイホリデーを利用した場合と同じになりました。ラッキーでした。)

 

ここまでをJALパック発売開始日の前日に考えました。

ということで、あとは、JALパックの予約です。

ビッグバンドビートの夜の看板

 

JALパックの予約(2014年7月29日)

JALパックまさかのキャンセル待ち

JALパックの発売開始日です。

この前日に決めた2泊3日のプランの予約申し込みをします。

ぜひとも予約をおさえておしい!イオンコンパスさん、お願いします!

 

結果、まさかの予約確定ならず、キャンセル待ちに‥。

1月3日のアルコーヴルーム(1~3階)が満室で、ピーターパンルームをとりあえずおさえてくれていました。

ちなみに、1月4日のアルコーヴルーム(1~3階)は取れました。

ピーターパンルームにすると、料金は、1人1,500円プラスなので、4人で6,000円プラスになります。

これでも料金的にはプランの候補の中で最安になります。

しかし、この場合、部屋移動があるので、3日間とも同じ部屋でくつろぎたいわが家にとってはいまいちです。

なので、キャンセル待ちすることにしました。

 

しばらく2つの予約をしている状態に

この時点で、JALパックのツアーの2泊3日プランのピーターパンルームを予約、同アルコーヴルーム(1~3階)をキャンセル待ち、ANAスカイホリデーのプランの予約はそのままです。

キャンセル待ち状態ですが、この時にJALパックのビックバンドビート鑑賞券の申し込みもしました。先着順なので、早めに。

また、加湿器のリクエストもしておきました。

 

さて、ここでちょっと悩みました。

3日間とも同じ部屋に泊まりたいので、いっそのことピーターパンルーム3泊に変えようかと。

東京ディズニーリゾート総合予約センターに確認したら1月5日のピーターパンルームはまだ空きがありました。

以前直接予約したアルコーヴルーム(1~3階)をピーターパンルームに変えれば3泊とも同じ部屋になります。どうしようかなと思いながら2日が過ぎました。

 

そして、手配完了(2014年7月31日)

キャンセル待ち3日目の7月31日、イオンコンパスさんから連絡がありました。

キャンセル待ち中のJALパックの1月3日のアルコーヴルーム(1~3階)が取れたとのことでした。

やったー!!こんなに早くキャンセルが拾えるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。

色々動いてくださったイオンコンパスさんに感謝です。

 

これでJALパックの2泊3日の予約確定です。

同時に、おさえていたANAスカイホリデーをキャンセルしました。

東京ディズニーリゾート総合予約センターにも電話して、アルコーヴルーム(4~9階)の1月4日分の宿泊予約もキャンセルしました。

 

今回の東京ディズニーリゾート旅行、飛行機とディズニーランドホテルの手配完了です!

手配完了したプランは、JALパック2泊3日+ランドホテル直接予約1泊、料金は337,640円です。

が、実はこの料金から少しだけお得になる方法があります。

よろしければ、こちらの記事も。

ディズニー旅行のツアー料金が割引になる方法

 

まとめ

飛行機利用でディズニーホテルに泊まる場合は、パッケージツアーとホテルの直接予約の組み合わせを考えて、その中からお得なものに決めるのがおすすめです。

JALとANAの公式サイトで発売開始日をチェック、ディズニーホテルの直接予約も合わせて、予約時期の早いものからおさえておいて、比較検討して、最終決定です。

以上、地方からディズニーに行くときの手配の仕方でした。

参考にしていただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、よい旅を!