準備

ディズニーでの服装!冬に初めて行く人へ押さえるポイントは3つ!

2018/11/12

初めて行く冬の東京ディズニーリゾート。

服装はどうすればいいのか考えますよね。

3つのポイントさえ押さえれば、まず大丈夫です。

冬の東京ディズニーリゾート旅行歴15年。と言っても年に1回だから旅行歴15回だけどね。ハハッ!

その実体験からのポイントをご紹介します。

ちなみに私は寒がりの暑がりです。

 

スポンサーリンク



ポイント1 風

冬の東京ディズニーリゾートの服装でおさえるポイントで、いちばん大事なのは、です。

特にディズニーシー。

ディズニーシーは、とにかく風次第で体感温度が上下します。

風がなければ、暖かい日は不思議とより暖かく感じます。

風が強ければ、寒い日はより寒く感じます。

風が強くて雨の日は、さらに寒く感じます。風が強くて雨の日の夜は、寒すぎて耳がちぎれそうに痛かったです。

なので、風を防ぐ対策がまず必要です。

(ディズニーランドは、風の強い日に体感温度が下がると感じたことはないので、ディズニーランドだけ行く場合は、風対策は特に気にしなくても大丈夫です。ディズニーランドは海からも若干離れているし、周りをぐるっと高く囲まれているせいで、風の影響を受けにくいのかなと思います。)

 

風を防ぐ対策

風を防ぐ対策は、まずは、アウターに風を通さない生地のものを選んでください。

フードが付いてるとさらに良いです。ちょっとした雨よけにもなりますし。

ボトムスは当然長ズボンです。

次に、手袋は必須です。風を通さない生地だとさらに良いです。

そして、風が強い時は、帽子、さらにマフラーがあると完璧です。

帽子はバークで購入するのもおすすめです。

色々なキャラクターをモチーフにした帽子やミッキーの耳つきのモフモフの帽子などがたくさんありますので、楽しいですよ。

もちろん、普通のニット帽タイプもあるので、どちらでも。

帽子はお手頃価格ですが、マフラーは結構なお値段のものもあります。

風を防ぐ対策は、

  • 風を通さない生地のアウター
  • 長ズボン
  • 手袋
  • 帽子
  • マフラー

があれば完璧です。

天気予報で、行かれる日の風のチェックをお忘れなく

Yahoo!天気予報>東京ディズニーリゾート

 

 

ポイント2 屋内は暑い

屋内でのアトラクション待ちはけっこう暑いのです。

暖房がよくきいているし、人が大勢いるので、暑いです。

外の寒さ対策万全で着込んで行くと、そのとき後悔します。

特に肌着を2枚かさねたり、ババシャツを着ていくと暑いです。

上着とちがって脱ぐに脱げませんから。汗をかきます。

そして、屋外に出て一瞬で冷えて風邪をひいたりします。

屋内は暑い、これが冬のディズニーでの服装を選ぶときの2つめのポイントです。

 

屋内の暑さ対策

着込みすぎない

屋内の暑さ対策は、まずは、中にたくさん着込みすぎないことです。

ふだん外出するときのインナーでよいです。

また、ボトムスの長ズボンの下にタイツもおすすめしません。

同様に、靴下の2枚履きや、ふだんより厚めの靴下もおすすめしません。

もし重ね着をするなら、屋内が暑い時に脱ぎ着しやすい重ね着を。

アウターにダウンなどのしっかり防寒できるものを着れば、その下は普段着ているセーターやトレーナーや長袖Tシャツなどいずれか1枚と、肌着1枚の、合わせて2枚で大丈夫です。

アトラクションを待つときなどは、屋内が暑いので、アウターの前を開けておくだけでよいです。

アウターの下に重ね着していると、屋内が暑いときに、アウターを脱いで手で持っておくこともできますが、これが結構じゃまなんです。

だから、しっかり防寒できるアウターの下は薄着で大丈夫です。

寒がりな方は、屋外の防寒対策は、先述の手袋、帽子、マフラーで。

 

飲み物を持っていく

また、屋内の暑さ対策に、飲み物を携帯するのもおすすめです。

飲み物は、お水がおすすめです。

お茶系だと利尿作用でトイレに行きたくなりやすく、アトラクション待ちのときなど、列を抜けにくいときに困るからです。

飲み物は、パークの中でも買えますが、ペットボトルで持参されたことをおすすめします。

飲み物を探したり、買ったりの時間がもったいないので。

ペットボトルがおすすめなのは、ビン・カンのパークへの持ち込みが禁止されているというのもあります。

パークでは、よく歩くせいか喉が渇きます。

屋内が暑ければなおさらです。

ペットボトルでお水を持っていくのがおすすめです。

※ディズニーシーのブロードウェイミュージックシアターは、劇場内での飲食は禁止されていますので、ご注意ください。

 

 

ポイント3 靴は履きなれたものを履く

これは冬に限らないのですが、ポイントの3つめは、です。

新しい靴で行くのはおすすめしません。

東京ディズニーリゾートの中は広いです。

ディズニーシーは、移動手段の乗り物もありますが、なんやかんやで結構歩きます。

また、ディズニーシーは石畳も多く、足にも負担がかかります。

ディズニーランドは、徒歩で移動するしかないので、言わずもがなです。

新しい靴で靴ずれでもしようものなら、楽しみも半減してしまいます。経験済みです(汗)。

靴は、普段履きなれたものをおすすめします。

履きなれたものでもヒールの高いものはおすすめしません。理由は先ほどと同じです。

 

 

おすすめの服装

以上3つのポイントから、冬の東京ディズニーリゾートでおすすめする服装は、つぎの通りです。

  • 肌着 1枚(ババシャツ以外)
  • インナー 1枚 セーターなど
  • アウター ダウンジャケットもしくはダウンコート
  • ボトムス ジーンズ
  • 足元 いつもの靴下
  • 靴 なるべくヒールの高くない履きなれた靴
  • 手袋
  • 帽子(風の強い時、寒がりの方)
  • マフラー(風の強い時、寒がりの方)

 

 

まとめ

冬の東京ディズニーリゾートでの服装は、

  • 風を防ぐ
  • 中に着込みすぎない
  • 履きなれた靴で行く

で完璧です。

 

冬のディズニーリゾートには色々な服装の人がいます。

ミニスカートに生足。

スーツにハイヒール。

テンガロンハットと革ジャンにウエスタンブーツ。

ダウンコートにスニーカー。

みんな楽しそうです。

楽しければいいんです!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、よい旅を!

 

冬のディズニーで寒くないように遊ぶには?こちらの記事もぜひ。

»【冬のディズニー】寒さ対策~超寒い時はどうするか~