知っ得情報

シェラトン・トーキョーベイ、スタンダードルームに宿泊した感想

2017/08/28

2017年3月の金・土にシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのスタンダードルームに2泊したので、率直な感想をまとめました。

インターネットでシェラトンのレビューを読むと、評価が極端に分かれていました。

絶賛している方も多い反面、酷評も多く、「二度と泊まらない」とか、「おすすめできません」とか、さんざんなものもあり、正直心配でした。

せっかくの東京ディズニーリゾート旅行が台無しになったらどうしよう、と。

でも、実際に宿泊してみると、全然普通でした。

欲を言えばきりがないのですが、今回わが家が利用したのは、セールしていたお得なツアーなので、その料金を考えると妥当な滞在ができました。

では、具体的に。

 

スポンサーリンク



レセプションの接客態度

インターネットのレビューでレセプションの対応が最悪だというのがあり、どんなかんじか興味津々で行きました。

が、全然普通でした。

チェックインは7~8組待ちでしたが、待ち列への案内も笑顔で丁寧でした。

チェックインに関しては、対応(笑顔)、言葉遣い、手際、いずれも問題なく、不快な思いをすることは全くありませんでした。

わが家のチェックイン手続きをしてくださった方は、新人の従業員の方のようでしたが、すぐ隣にベテランっぽい方がついて確認、フォローをされていました。

普通にチェックインを終えました。

チェックインの混雑具合はこちらの記事でまとめています。

シェラトン・トーキョーベイのチェックインの混雑具合~金曜日の22ごろ~

部屋

部屋は、やっぱり年数が経っているので、レトロ感はいなめません。

わが家が初めて東京ディズニーリゾートに行った時に泊まったのはシェラトンのスタンダードルームでした。

今から18年ほど前のことです。

なんだか、タイムスリップしたような古くさい作りなんだけど、個人的に懐かしかったです。

話がそれてごめんなさい。

煙草臭さは?

さて、部屋で気になっていたのは、スタンダードルームは煙草臭くないか、ということ。

シェラトンのスタンダードルームは喫煙可の部屋があるのです。

一応予約後に、ホテルへ禁煙室のリクエストはしておきましたが、ホテルからの返事は、禁煙室には数に限りがあるので禁煙室がない場合は消臭清掃での用意になるとのことでした。

予約したツアーは禁煙室確約ではなかったので、仕方ありません。

インターネットで事前に見たレビューでは、スタンダードルームが煙草臭くて眠れなかったというのもありました。

もし、煙草臭い部屋にあたってしまったら、スタンダードの別の部屋に部屋替えをお願いしたくても、満室の場合はできないかもしれません。

今回利用するのは、金・土曜日なので、特にその可能性も高いです。

そこで、わが家は、煙草用の消臭スプレーとマスクを家から持って行きました。

※空港の保安検査場では、バッグから消臭スプレーは出して、噴射部分にロックがかかっていることを確認してもらいました。

準備万端で部屋へー。

結果、全然煙草臭くない。

禁煙室なのか、消臭清掃対応なのか確認していませんが、よかった~。

アメニティー

洗面所のアメニティーはこんなかんじでした。

シェラトングランデトーキョーベイホテルスタンダードルームのアメニティ

左からボディローション、シャワーキャップ、コットンと爪やすり、シェーバー、ヘアコーム、歯ブラシ。

シンプルすぎてワクワク感ゼロ。

ムダを省いたかんじ。

浴用タオルがありませんでした。

サービスに電話してリクエストすればたぶん持ってきてくれるのでしょうが、面倒だったのでしませんでした。

ボディローションいらないから、浴用タオルが欲しい。

浴室に備え付けのシャンプー類

左から、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。

シェラトングランデトーキョーベイホテルのバスルームに備え付けのシャンプー類

壁面に備え付けとはいえ、なんかいいかんじ。

レビューで話題の髪がパッサパサになるというシャンプーとコンディショナーを試しに使ってみました。

‥結果、全然パッサパサじゃない。

普通にサラサラになりました。

私の髪にはあったようです。

普段使いのシャンプーとトリートメントを持参していたのですが、私は、2泊とも備え付けのシャンプーとコンディショナーを使いました。

ベッド

寝心地は普通。

ベッド幅は広いです。

ユニットバスの悪臭

レビューでもよく見かけたユニットバスから下水の臭いがするというもの。

ホテルの部屋に初めて入った時、ユニットバスの扉は開けっ放しの状態でした。

その時に臭いを確認したら、全然臭くない!

なんだ、大丈夫じゃん、と思いました。

ところが、翌朝、トイレを使うためユニットバスに入ると‥。

めっちゃ臭いー!

まさに下水、汚物の臭い。

ここで理解しました。

初めて部屋に入った時にユニットバスの扉が開けっ放しだったのはこのためか、と。

ユニットバスの扉を開けておくと臭くないのです。

でも、ユニットバスの扉を閉めておくと、入った時に臭いのです。

寝る前にユニットバスの扉は閉めていました。

扉を閉めておくと換気がうまくできないのかな。

コツがわかったので、以降はずっとユニットバスの扉は使用時以外開けっ放しにしておきました。

ユニットバスを使うのにコツがいるのもどうかと思いますが‥。

サービスに電話がつながりにくい

これもレビューでよくあったこと。

どうしても確認したいことがあって、サービスに電話しました。

どれくらいの時間でサービスに繋がるか、スマホのストップウォッチで測ってみました。

結果、5分かかりました。

遅すぎる‥。

でも、サービスの方の対応はよかったのでよしとします。

ちなみに、なぜつながりにくいのを承知でサービスに電話したかというと。

部屋でWiFiを使おうと設定したら、利用規約をよく読んでみると、スタンダードルーム(SPG会員以外)は有料・24時間1,000円らしいことに気づき、

取り消してもらおうと、慌てて電話したのです。

24時間1,000円ならわが家の場合、普通に4Gで使った方がいいから。

サービスの方に確認してもらうと、WiFiがつながる手前でストップしていたので大丈夫とのことでした。

WiFiは無料で使えると思っていたので、有料なのには驚きました。

お気をつけください。

外の音楽がうるさかった

金曜日の夜の間中、外からかすかに音楽が聞こえていました。

例えるなら、地元の秋祭りの日に、おみこしの宮出しを知らせるため、朝も早くからスピーカーから流れるお祭りの音楽みたいな。(わかりずらい例えですいません‥。)

金曜日の夜はよく眠れませんでした。

土曜日の夜は音楽は聞こえず、静かでした。

あれは何だったんだろう。

音が気になる方は、耳栓を持っていかれることをおすすめします。

おわりに

行く前にレビューを見て酷評も多かったので心配でしたが、実際に利用してみると、そこまで悪い印象は持ちませんでした。

ホテルの従業員はかんじの良い方が多かったです。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのスタンダードルームの利用は、お得なツアーでの利用ならありかなと思いました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、よい旅を!