知っ得情報

パッキングのコツ~ディズニー旅行の最終日前夜~

2018/10/23

楽しいディズニー旅行の最終日前夜、家族は遊び疲れて早々に寝てるのに、自分だけどうして遅くまでパッキングに時間を取られないといけないのおー?とモヤモヤすることはありませんか?

私はありました。

そこで、どうすれば、自分の負担が軽くなるか、あれこれやってみました。

いいかんじの方法にたどり着いたので、参考にしていただければ。

 

スポンサーリンク



自分の着替えは自分で管理してもらう

自分の着替えは、自分で管理してもらいましょう。

旅行の準備をする段階で、着替えは一人ずつ、ナイロン袋(ユニクロなどの)に入れて分けておきます。

ホテルに着いたら、ナイロン袋の中身をタンスの引き出しに入れます。

空いたナイロン袋はそれぞれの脱いだ洗濯物入れにします。

洗濯物の入ったナイロン袋はクローゼットに入れておきます。

 

洗濯物専用のバッグを持っていく

洗濯物専用のバッグを用意すると便利です。

わが家は、薄手のコンパクトに折りたためるボストンバッグをいつも持って行きます。

大きさの目安にボックスティッシュを置いてみました。

(折りたたんだ状態で25×30cm、広げると40×62×20cm。)

いつも持っていくボストンバッグの折りたたんだ状態と広げた状態

旅行最終日の前夜、パッキングをするときに、それぞれの洗濯物の入ったナイロン袋をそのまま、用意したボストンバッグに入れます。

楽です。

家に帰ったら、このボストンバッグを洗濯機の前に持っていけば、すぐ洗濯できます。(したくないけど。)

家族4人で3泊4日した時は、このボストンバッグいっぱいの洗濯物が出ます‥。

 

空いたスペースに買ったお土産を入れる

最初に着替えを入れていたスーツケースのスペースが空くので、そこへパークで買ったお土産を入れます。

わが家は行きは大きめのスーツケースひとつに荷物をまとめます。

帰りは、スーツケースの中身はお土産がほとんどになります。

 

最終日の朝しまう洗面用具、充電器などは洗濯物専用バッグに入れる

洗面用具や充電器などは、最終日の朝まで使います。

それらをせっかくパッキングしたスーツケースに入れるとまた手間がかかります。

スーツケースはもう開けたくない。

最終日の朝まで使ってたものは、洗濯物専用のボストンバックに入れてしまいます。

洗濯物がほどよくクッション代わりになります。

最終日の朝はバタバタするので、この方法だと、ささっと最後の荷物が片付けられます。

 

»これでパッキングが楽になりますよ。

 

 

ポップコーンバケットはどうする?

1個の場合

スーツケースに入るときは入れていました。

ちなみに、帰宅後スーツケースを開けて、こぼれていたことはありません。

2個以上や、大きいバケットの場合

子どもが小さい頃はポップコーンバケットは2個、3個になっていました。

また、バケットの形によってはスーツケースに入らないときもあります。

そんなときは、ディズニーリゾートのショッピングバッグ(大)に入れました。

ディズニーリゾートのショップのレジで購入できます。

下の写真左は折りたたんだ状態です。(かなり前に購入したものを何度も使ってます)

広げるとバケットが3つは楽に入り、上には余裕があります。

東京ディズニーリゾートのショッピングバッグとポップコーンバケット3個

ただ、この方法だと、まれにバケットの蓋が開いていたことがありました。

ポップコーンはこぼれていませんでした。

荷物の数が増えてしまいますが、ショッピングバッグ(大)は、パークで買っただいたいのものは入るので便利です。

入らないものもありますが‥えだまめ事件

 

まとめ

着替えを制するものはパッキングを制するーなんちゃって。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、よい旅を!