手配

関西空港発京都まで往復リムジンバスの利用の仕方

2017/01/15

もうすぐ京都旅行。

京都までは関西空港(以下、関空)からリムジンバスで行きます。

往路が関空から京都、復路が京都から関空のリムジンバスの利用の仕方をご紹介します。

スポンサーリンク



運賃

関空-京都市内 片道 大人2,550円、小人1,280円。

関空-京都市内 往復 大人のみ4,180円。(往路から14日間の利用期限あり。)

大人の場合だと、往復の方が920円安くなります。ちょっとお得です。

京阪バス公式>空港リムジン>京都系統時刻表>運賃

予約の仕方

利用日の1ヶ月前から前日(便によっては当日)まで、予約できます。

今回は、京阪バス関空リムジンバス予約センターに電話で予約しました。(web予約の方法もありますが、今回は電話予約をしました。)

京阪バス公式>空港リムジンバス・予約方法

 

関空発で京都まで往復で利用する場合、往路の関西空港発の便は予約はできません。先着順です。

予約するのは、復路の『京都発の便』のみです。

復路の利用日の1ヶ月前から前日(便によっては当日)まで予約できます。

満席になると困るので、わが家は利用日の1ヶ月前に予約しました。

予約する際には、乗車地、利用日、利用する便を伝えます。

予約番号、座席番号を控えておきます。

利用の仕方

往路

関西空港で関空-京都駅の往復乗車券を購入します。

自動券売機でクレジットカードが使えるかどうかわからないので、現地で確認して後日追記します。

券売所の窓口ではクレジットカードで購入できるようです。

関西空港交通株式会社公式>ご利用案内

往券を使用します。

※自動券売機は現金のみで、クレジットカードは使えません。

自動券売機の隣りにある窓口で、クレジットカードを使って購入ができます。(2017.1/15追記)

復路

予め、復券に自分で予約番号、座席番号を記入しておきます。(余白のどこでもよい。)

※何も書いていないと、バスの運転手に「座席指定をしてきてください」と言われるとのことです。

京都で乗車する際に、復券を運転手に渡します。

まとめ

関西空港発で京都まで、往復でリムジンバスを利用する際には、復路便のみ予約する。

乗車券は関西空港で往復乗車券を購入。

関西空港から京都までは往券を使用する。

京都から関西空港までは復券を使用し、復券には予め予約番号、座席番号を記入しておく。

以上、関西空港発で京都までリムジンバス往復利用の仕方でした。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

では、よい旅を!